忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
suzuki sasuke
性別:
非公開
バーコード
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくネットではブラックでも融資が可能として

紹介されているフクホー株式会社です。

大手の消費者金融では通常は自己破産や

任意整理などの債務整理をしていると、審査の

段階で信用情報機関にデータが残っているので

融資は受けられません。

ですがフクホーでは大手と違い会社独自の審査が

あり、債務整理をしても返済が終わっていれば

審査に通ることもあります。

この他にも他の中小消費者金融とちがう事は

初回での融資の金額が他に比べて多いことです。

初回から30万円などの融資も可能で通常はブラック

の状態だと初回は10万円などの小口の融資が基本

ですがフクホーでは中には50万円の審査が通る事も

めずらしくありません。

PR

以前は社会問題となった闇金問題ですが、
その当時は090金融と言われる得体のしれない(所在地や本名がわからない全てが架空の)業者がお金を貸すと言うものや、090金融と似通ったものの規模のもっと大きいシステム金融などが主体でした。

もともと金融業と言うものが、恐喝する取立てを行うものでしたので、その余韻で闇金も猿真似で恐喝取立てをしていたのではないでしょうか?と思っています。

さてさて、最近ではこう言った架空系の闇金ではなく、
まったく違う系統の闇金が人知れず運営しているようです。
ニュースなどにも取り上げられましたが、その数分の放映で終了。
たいした話題にもなりませんでした。(質屋形式の闇金です)

同じ「闇金」ではあるのに、
090金融が派手に社会現象になったのに、後者は無かったもどうぜんです。
この両者(質屋形式以外にも色々ありますが)の問題になるかならないか?その差、違いは一体なんなのでしょう?

比較すると一目瞭然ですが、
前者は「恐喝、取立てが厳しい」が問題だったのかと思います。

下記サイトのように相談するにもできない現状に陥るのが闇金利用者だと思います。

参考 グレ戦 相談し難いヤミ金融問題

上記の記事のように迷惑をかけるのを恐れてパートナーにすら相談できない、
路頭に迷ったケースが起こりやすいと思います。

最近はもう闇金被害者はいないだろうなと思っていましたが、上記のようなサイトを見つけると、今も密かに悩んでいる人がいるのだと思いました。
誰にも相談しない、だから表(社会)に出ない、闇金問題は派手に発覚しない、
被害者はもんもんと悩み続けることになります。

【金融関連オススメサイト】

【スペシャルPR】
キャッシングで審査が甘い金融会社を探す前に金融情報サイト消費者金融審査甘いが楽しいです。

【スペシャルPR】
闇金に振り回されていたんですがヤミ金相談所の記事を参考にして頑張って闇金から離れていこうかと思っています。

【スペシャルPR】
実録  闇金の表と裏、生々しい闇金の実態を送る闇金情報サイト

【スペシャルPR】
ヤミ金体験談や消費者金融など金融の記事が結構面白いサイトです。

【スペシャルPR】
やっぱり審査に落ちてしまう。ブラックで融資が受けられない現状を打破しよう!

自己破産や債務整理、過払い請求を行うとブラックの仲間入りです。

延滞もモチロンと、信用情報センターで与信情報が悪くなりブラックとなります。

実際には、ブラックリストと言う物は、存在しないと言われますが与信情報に傷かつけばブラックっです。

そうなると、信用情報センターに加盟している、正規の消費者金融会社からは、融資が困難と思われます。

絶対に融資を受けたい。
確実に借入を受けたいと
言う気持ちがあるのであれば期待は、しないのが無難です。

それは、融資の申込をすると信用情報機関に登録している業者は、まず、名前を生年月日から与信情報を照会します。

これは、ヤミ金でも行ってる会社がありますよ。

名前と生年月日で過去の履歴が参照され、破産・整理・過払い請求の他、遅延などの情報が照会されます。(闇金もやってます)

そうなると、与信情報でブラックとでてきて、その場でこの人に融資は、難しいと判断されます。

条件が良ければ良いほど、過去の与信情報が悪いと融資を断られます。

条件が悪ければ悪いほど、過去の与信情報が悪くっても融資が実行されると考えます。


【スペシャルPR】

~ 実録 闇金融の表と裏、生々しい闇金の実態を送る闇金情報サイト

今日の通勤途中、車を運転しながら、居住地とは違うエリアではあるが、ハッピを来たグループを見かけた。

「祭」のグループであるが、寄付を集めに回ってる様子で、まだ時計は7時半・・・

「何時から寄付集めとんねん!?」とツッコミを入れたくなる時間帯なのだが、ツッコミの事も忘れて自分の頭の中は、夏を飛び越えて秋口へと進んでいた。

私の現在の地元は、祭りがあるものの盛り上がらない祭りで、現在のエリアに住んで20年近くになるが、未だに祭りが楽しみと思った事がない。それは家族も同様で、とにかく盛り上がらない祭りである。

ところが、寄付の徴収だけは抜け目無く各家庭に回ってくるので、青年団の飲み代にしかならない寄付はする気がない上
生活に余裕のかけらもない我が家では、何が何でも地元の祭りへの寄付はしないと数年前から決めている。

ところが、寄付に回ってくる日時に在宅なのは妻と子供なので、その苦労は家族に委ねるしかなくなる。

いつもどうやって断ってるのかを問うと、断ってはいないとの事で、私の頭の中は「?」でいっぱいになったが、その方法を説明を聞いて、やるなぁ・・・と思った。

うちのインターホンはカメラ付きなので訪問者の顔が判る。その場で居留守作戦を慣行。ここまではよくある話だが、妻はさらにプラスアルファで、まだ小学生の娘の口を塞ぎ、動きと声を完全封鎖するという。

さすがは借金常連夫の妻であると感心。。。感謝感謝の努力劇である。

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

忍者ブログ [PR]